FC2ブログ

伊豆半島人です・・・原発とめたい

さすがのナマケモノもあまりのショックに慣れぬベクレルやらシーベルト(シートベルトでもシューベルトでもないのだ!)と格闘の日々。もちろん、心の健康にさわらない程度に、ですけど。
知れば知るほど、原発は人間が扱うには猛烈すぎるエネルギーであり、それにしては電力会社と政府の姿勢が甘かった、と痛感します。かつて東電のエライさんは、大災害を心配する設計者を「千年に一度のことを心配してどうする」と一笑に付した、と聞きました。しかし、千年に一度のことではなかった。過去のデータを見れば、これは目の前に現実として迫っていた大地震だった。警告していた学者研究者もあったのに、政府・電力会社、そして私たちがその声をもっと重視しなかったことが、ほんとうに悔やまれます。

これは天災ではない。日本がふるった世界に対する暴力です。
がんばれニッポンなんて、甘ったれるな。あやまれニッポンです。
すでに頑張れるだけ頑張っている被災者には、このうえがんばれとはよう言わん。
黙ってなにかできることをしよう。

原発のすごいのは、止めたからといって安全はまったく保障されない、ということです。
甘い私は、一応耳にしていた廃炉、停止炉の恐ろしさを、この事故でやっと思い知りました。
運転を続けるにしても、休止するにしても、もっと格段に強力な事故対策をしなければならないでしょう。

これ以上、使用済み核燃料という危険物を抱え込まないように、これを機会に原発をやめ、別のエネルギーの電力だけで、たとえ毎日停電があってもやっていく、と私は考えています。経済が問題にされますが、どうせ最低からの出発なのです。それに、原発がどれだけのカネを生み出してきたのか、それに比べて、この原発事故による莫大な損失は見合うのか・・・と考えたとき、原発の継続は、決して良策とは言えないでしょう。子や孫を持たない私でさえ、そうしなければ後輩の未来は悲惨だと、気が気ではない。同じ意見のひとたちと、原発中止を政府に迫り、廃炉の安全対策を考えていきたい。

そして、まだ原発を続けたいひとたちには、少なくとも、この大震災規模の事故に対して確実に効果のある安全対策を真剣に考え、提案する義務がある、と思います。それには視察は欠かせません。あなたたちには想像力がないようですから。すぐ福島へ向かって、事故現場をその目で確認し、被災者たちの意見を聞き、そのうえで事故を我がこととして考察するようお願いします。そして、ぜひ、一家を挙げて原発の近所に住んでください。

と言いたいこと言ったところで、今日はこれから福岡へ。ずっと前から壱岐市主催の古代史関係の講座を引き受けてたのが、明日なの。中止にならないんだよね~これが。西は温度違う。
約束だからいってきま~。下は難しいらしくて飛行機。ただでさえ飛行機きらいなのに、放射能雲のなかを突っ切るかと思うと、楽しくない。
ま、福岡のひとにも震災の雰囲気を伝えてこよう。参加している「浜岡原発を止める署名運動」用紙も持っていく。えっ? 伊東線、東京行きの特急直通はすべて運休??( ̄^ ̄)まあ鈍行、好きですけど。ではでは、飛行機が落ちなければ、またねっヽ(´▽`)/伊豆半島人=千夏
プロフィール

おんな組いのち

Author:おんな組いのち
FC2ブログへようこそ!

おんな組いのちです。
紹介用

暴力を好まず、なにより生命を慈しみ、競争より協調、上下よりヒラバを選ぶ……性になぞらえるなら「女性的価値観」と呼ばれるもの、それを一言であらわすための「おんな」なのです。
だから男性も、志が同じなら「組員」になっておかしくありません。ぜひ私たちといっしょに「おんな」を掲げてください!

最新記事
最新コメント
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR